【欧州CL決勝T】マンチェスターC意地の2発 アウェーでレアルに逆転勝ち

2020年02月27日 11時30分

逆転勝ちを収めサポーターの声援に応えるマンCイレブン(ロイター)

【スペイン・マドリード26日(日本時間27日)発】欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第1戦、優勝候補同士の対決はマンチェスター・シティー(イングランド)が敵地でレアル・マドリード(スペイン)に2―1で逆転勝ち。クラブの根幹を揺るがす大事件のショックを振り払うような勝利となった。

 前半は先に主導権を握ったものの、33分にDFラポルトが負傷退場。アクシデントで交代のカードを1枚使わざるを得なくなった。後半15分にMFイスコに先制点を献上し窮地に立たされたが、選手たちもグアルディオラ監督も冷静だった。33分に左からのクロスをFWガブリエルジェズスが頭で決めて同点。38分にはMFデブルイネがPKを決めて試合をひっくり返した。

 今月14日、欧州サッカー連盟から財務規則「ファイナンシャル・フェアプレー」に抵触したとして、来季から2年間のCLを含む欧州カップ戦参加を禁じられた。これを不服としたクラブ側は26日までに提訴したが、すでに一部の主力選手の流出報道も噴出。そんな中での勝利はチームに自信と勇気をもたらした。

 一方のレアルは後半41分に守備の要のDFセルヒオラモスが相手選手を背後から倒して一発退場となり、第2戦は出場停止。逆転に向けて後がなくなった。