【欧州CL決勝T】C・ロナウド不発 ユベントス堅守のリヨンに屈する

2020年02月27日 11時30分

厳しいマークで倒されたC・ロナウド(ロイター)

【フランス・リヨン26日(日本時間27日)発】欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第1戦、イタリア王者・ユベントスは敵地でリヨン(フランス)に0―1で敗れた。頼みの大エース・FWクリスチアーノ・ロナウド(35)は相手の強固な守備の前に仕事をさせてもらえず沈黙。8強入りに向けて黄信号がともった。

 国内リーグでは22日のSPAL戦で出場11試合連続ゴールの偉業を達成。欧州5大リーグでは14シーズン連続で15得点以上マークという初の快挙も達成しているが、一発勝負のCLはやはり一筋縄ではいかなかった。前半の序盤こそ左サイドから好クロスを連発してリヨンのゴールを脅かしたが、次第に厳しいマークを受けてボールを失うシーンも続出。

 31分にはDFデリフトが止血のためにピッチの外に出ていた数的不利を突かれ、右からのクロスへの対応が遅れて先制を許した。前半終了間際にあった直接FKのチャンスも壁に阻まれて得点ならず。後半に入っても激しいチェックを受けてチャンスすらつくれなかった。FWディバラとの連係も分断され、リヨンの術中にはまってアウェーゴールを奪うことはできなかった。

 ホームに戻る第2戦(3月17日=同18日)での巻き返しはあるのか。それとも大エースは早々に今季のCLの舞台から姿を消してしまうのか。