本田 ブラジルデビューは3月以降か

2020年02月12日 16時40分

 ブラジル1部ボタフォゴに加入した元日本代表MF本田圭佑(33)に、ドタバタが続いている。

 ボタフォゴへの入団会見を終えた本田はさっそく新天地で始動。自身のインスタグラムにフィジカルテストを行っている様子を投稿。太ももの筋力テストなどで精力的に汗を流す姿を公開した。

 目標とする東京五輪代表入りへ向けて新たな一歩を踏み出したが、新天地でのデビューに向けてまだまだ難題がある。

 ブラジルメディア「グローボ」によると、本田が同国でプレーするには就労ビザが必要で、日本人の場合だと取得までに15~20日ほど要するという。現在はビザが下りるのを待っている状況でブラジル杯2回戦(19日)には間に合いそうにない。今月予定されるチームの公式戦はほかになく、デビューは3月以降にずれ込むことが濃厚になった。

 しかも、本田を迎え入れたアウベルト・バレンティン監督(44)は宿敵フルミネンセ戦(9日)で0―3と敗れて解任されたばかりとあって、本田の起用法も不透明な状況。ようやく決まったブラジルの地でもイバラの道が待っていそうだ。