リオに救世主到着・その名は本田 熱烈歓迎!空港に数万人集結

2020年02月08日 12時00分

本田は期待に応え、救世主となれるか?(ロイター)

 ブラジル1部ボタフォゴに入団した元日本代表の本田圭佑(33)が現地時間7日、リオデジャネイロに到着。空港で熱烈な歓迎を受けた。

 現地報道では集まったファンは数万人。多くはカタカナで「ボタフォゴ」と記された日の丸のハチマキを着用した。クラブはツイッターなどで本田が到着する空港のターミナルや時間を事前に発表。ファンに結集を呼び掛けていた。

 8日には本拠地「ニウトン・サントス・スタジアム」で歓迎セレモニーを開催。大観衆を前に本田が所信表明をする予定だ。
 ボタフォゴには2012~13年に元オランダ代表のクラレンス・セードルフ(43)が所属。チームをリオ州選手権優勝に導いた。同じイタリア1部の名門ACミランの元10番である本田には昨シーズン15位に低迷したチームの救世主として、セードルフ級の活躍が期待されているようだ。