リオで本田圭佑フィーバー!ファンクラブ登録者数400%増加

2020年02月05日 11時30分

本田圭佑

 元日本代表MF本田圭佑(33)が、1月31日に加入を発表したブラジル1部ボタフォゴの本拠地リオデジャネイロで熱狂を生み出している。

 同国メディア「グローボ」は「早くも本田獲得の効果が表れている」と題した記事を掲載。加入発表後、公式ファンクラブの登録者数が、これまで最多だった2017年に並ぶ400%増をマークした。オフィシャルグッズショップで販売がスタートした背番号4のユニホームは完売し、予約注文が殺到している状況だという。

 日本代表としてW杯に3度出場し、イタリア1部ACミランで10番を背負った男は早くもスター扱い。同メディアは元オランダ代表でACミラン監督として14年に本田を指導したクラレンス・セードルフ氏(43)が、12年6月にボタフォゴへ加入したときのフィーバーと同じような状況だと伝えている。

 本田は今後、7日にリオに到着し、翌8日にお披露目となる予定。ブラジルらしく熱烈な歓迎が予想されるが、その期待に応えるパフォーマンスを発揮できるか。