タイ代表DFティーラトンが西野監督への期待を語る

2020年02月04日 16時40分

タイ代表のティーラトン(ロイター)

 J1横浜Mに所属するタイ代表DFティーラトン(29)が本紙直撃に応じ、チームへの貢献と元日本代表指揮官でタイ代表を率いる西野朗監督(64)への期待を口にした。

 ――今季に向けて

 ティーラトン:チームのためはもちろん、家族やサポーターのためにもこれまで以上に全力でプレーしていきたい。昨季と同じように、マリノスのスタイルであるアタッキングフットボールを続けながら、毎試合勝てるように頑張って2連覇を目指したい。

 ――今季初戦で神戸と対戦する富士ゼロックススーパーカップ(8日、埼玉)が近づいている

 ティーラトン:コンディションは上がってきている。あとはチームの細かい戦術などをもっと突き詰めていきたい。新しく入った選手もいるので連係面を深めていければもっとよくなる。

 ――昨年はタイの最優秀選手に選ばれた

 ティーラトン:栄誉ある賞をいただけたのはうれしい。マリノスに来て成長できたからだし、それは横浜Mの監督、スタッフ、チームメートのおかげ。感謝したい。今後もタイのプレーヤーの模範になっていきたい。

 ――タイ代表でも期待されている

 ティーラトン:代表に選ばれたい気持ちは強い。そのためにはマリノスでの活躍が全て。普段のトレーニングからアピールし、たくさん試合に絡めるようにしたい。そうすれば代表に呼んでもらえると思うので。

 ――タイ代表の西野監督について

 ティーラトン:選手だけではなく、タイ国内ではみんな西野監督にすごく期待している。まだ長くやっていないので、どんなスタイルでサッカーをやっていくのか。今後、はっきりしてくると思うので、それをしっかり理解し、体現できるようにしていきたい。