パリSGの両エース・エムバペ&ネイマール今夏の退団加速へ トゥヘル監督と亀裂

2020年02月04日 11時30分

エムバペとネイマール(左)が指揮官と衝突?(ロイター)

 フランス1部パリ・サンジェルマンの両エースによる“問題行動”が波紋を広げている。

 モンペリエ戦(1日)で途中交代を命じられたフランス代表FWキリアン・エムバペ(21)が、ベンチへ下がる際に不満をあらわにし、トーマス・トゥヘル監督(46)と口論する場面が見られた。フランスのテレビ局「カナル・プリュス」によると、指揮官は「こういうことは周囲にネガティブな印象を与える。不要なことで悲しく思う」と苦言を呈したという。

 指揮官にとって頭の痛い“問題児”はエムバペだけではない。5日に誕生日を迎えるブラジル代表FWネイマール(27)が、2日深夜にパリ市内の有名クラブでパーティーを開催。スペイン紙「ムンド・デポルティボ」によれば、ナント戦の2日前とあって影響を懸念したトゥヘル監督は「ネイ(ネイマール)の誕生日は邪魔なもの。我々が真剣ではないと思われかねない」とピシャリ。選手たちは参加したが、指揮官をはじめ、コーチたちは招待されながら参加しなかったという。

 エムバペはスペイン1部レアル・マドリード、ネイマールは、Rマドリードと同バルセロナへの移籍が取りざたされている中で生じた指揮官との亀裂。問題行動の是非は別としても、今夏の2人の退団が加速するかもしれない。