「2人のシンジ」スペインで明暗くっきり

2020年01月14日 16時30分

苦戦中の香川(ロイター)

【サッカー情報局】サッカー担当記者 スペインでプレーする元日本代表の「シンジ」に大きな差が出てきました。

 デスク 2部サラゴサのMF香川真司(30)と同ウエスカのFW岡崎慎司(33)か。同じアラゴン州を本拠とするチームに加入したとあって、2人は同州の観光PRにも協力し、仲良くCM共演していたな。公式ユーチューブで見たよ。

 記者 2人とも欧州での知名度も高い選手ですし、同時期に加入したためか、地元では何かと比べられる存在です。

 デスク 香川はドイツ1部ドルトムントで大ブレーク。イングランドの強豪マンチェスター・ユナイテッドでもプレーし、岡崎も2015―16年シーズンに奇跡のイングランド・プレミアリーグ制覇を果たしたレスターの一員だからな。

 記者 2人は現在、ライバルクラブでしのぎを削っているのですが、香川は低迷した時期もあって先発に定着できていません。岡崎はコンスタントに出場し、前半戦で4得点をマーク。地元紙「エラルド・デ・アラゴン」は「香川よりも精彩を放ち、その株が急上昇中だ」と報じています。

 デスク スペインで苦戦中の香川は1月の移籍報道も出ていたな。トルコ1部ガラタサライに売り込んでいるって。

 記者 本人やクラブは残留を主張していますが、2人が激突した昨年12月23日のアラゴンダービーでは岡崎がゴールを決めてウエスカが勝利していますし、現時点の“シンジ対決”は、明暗が分かれてしまいました。