ポルト・中島 移籍後公式戦初ゴール

2019年12月20日 12時00分

中島翔哉(ロイター)

【ポルトガル・ポルト19日(日本時間20日)発】ポルトガル杯5回戦、ポルトのMF中島翔哉(25)がホームのサンタクララ戦で移籍後公式戦初ゴールを決めた。これが決勝点となり、1―0で勝利。チームは準々決勝進出を決めた。

 16日のリーグ戦で初のフル出場を果たした背番号10は、2試合連続で先発出場。大雨でピッチ状態が悪い中、前半29分にグラウンダーの右クロスをゴール前で倒れ込みながら押し込んでゴールネットを揺らした。後半40分までプレーし、セルジオ・コンセイソン監督の期待に応えた。

 今季序盤は出番も少なく、試合に出場しても物足りないプレーで指揮官に激怒されるということもあったが、地道にアピールを続けて復活。今後のさらなる躍進を予感させるゴールとなった。

【関連記事】