長谷部がリーグ戦通算300試合出場

2019年12月19日 11時30分

長谷部誠(ロイター)

【18日の欧州サッカー】

【スペイン】スペイン国王杯2回戦でマジョルカのMF久保建英(18)は1―0で勝った敵地の4部エルアラモ戦でベンチ入りしたが出番はなかった。

 カタルーニャ地方の治安の不安で延期されていたバルセロナとレアル・マドリードによる「クラシコ」は0―0で引き分けに終わった。後半にレアルFWベイルのシュートがゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定で幻のゴールとなった。

【ドイツ】MF長谷部誠(35)、MF鎌田大地(23)が揃ってフル出場したEフランクフルトはホームのケルン戦で2点を先行しながら、後半の3失点などで2―4と逆転負けした。この試合で長谷部はリーグ戦通算300試合出場を達成した。

【オランダ】オランダ杯2回戦でMF堂安律(21)のPSVアイントホーフェンは敵地で延長戦の末にGVVVを2―1で下して3回戦進出。堂安は後半途中までプレーした。

【関連記事】