リバプール入り確実の南野 日本人初のCL優勝メンバーも!?

2019年12月16日 16時30分

南野の英移籍は既定路線?(ロイター)

【サッカー情報局】サッカー担当記者 イングランド・プレミアリーグのリバプール入りが浮上したオーストリア1部ザルツブルクのMF南野拓実(24)は、年内最終戦(14日)を太もも痛でベンチ外でした。冬の移籍が有力視される同FWエルリング・ハーランド(19)らも出ていませんから、南野も“準備”のための欠場でしょうね。

 デスク 英紙「デーリー・メール」も「南野がラストマッチを欠場」と伝えているし、移籍は既定路線みたいだな。

 記者 今週中に正式発表の見込みです。すでに、かつてリバプールのエースだった元イングランド代表FWマイケル・オーウェンの背番号と同じ「18」とか、デビュー戦は来年1月5日のイングランド協会杯(FAカップ)3回戦、エバートンとのダービーが有力とも報じられるなど、報道は過熱気味ですね。

 デスク まあ、それだけ期待されているってことだろう。それと今季のリバプールはリーグ首位を独走中だし、FW岡崎慎司がレスター時代の2015―16年シーズンに優勝して以来のタイトルも見込めるぞ。

 記者 それに、これまで欧州チャンピオンズリーグ(CL)に出た選手は移籍すると同シーズンに出場できませんでしたが、今季から規定変更で出場が可能になりました。昨季CL王者のリバプールはV候補ですし、日本人選手初のCL優勝メンバーになる可能性もありそうですね。

 デスク まあ、慌てるなよ。英メディアもそうだけど、正式決定前に先走ると、破談ってこともあるからな。