本田フィテッセ5連敗でスルツキ監督辞任

2019年11月30日 12時00分

【オランダ・ヘーレンフェイン29日(日本時間30日)発】オランダ1部リーグ、フィテッセの元日本代表MF本田圭佑(33)はアウェーのヘーレンフェイン戦で加入後2試合連続で先発し、フル出場したがチームは2―3で逆転負けした。前半9分、21分に得点して2点をリードする展開だったが、42分にPKで1点を返され、後半に2失点。5連敗となってレオニド・スルツキ監督(48)が辞任を表明した。

 同監督は本田のCSKAモスクワ(ロシア)時代にも監督を務めており、本田にとってはフィテッセ加入にも導いてくれた恩師。本田は「彼がいたから(フィテッセに)来たという意味では、状況を救ってあげられず非常に残念に感じている。これが現実なのでしっかり受け止めたい」と話した。