【欧州CL】ゲンク・伊東は1次リーグ敗退

2019年11月06日 11時00分

先発出場したゲンクの伊東(手前=ロイター)

 サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ第4節で、E組ゲンク(ベルギー)の日本代表MF伊東純也(26)は5日敵地のリバプール戦で先発出場したが、無得点で後半23分に退いた。チームは1次リーグ敗退が決まった。

 F組の優勝候補バルセロナ(スペイン)はホームでスラビア・プラハ(チェコ)とスコアレスドロー。後半14分にFWリオネル・メッシ(32)が絶妙のトラップからのターンで先制点をアシストしたかに見えたが、わずかにオフサイドの判定でノーゴール。首位は守ったが、インテル(イタリア)に逆転勝ちしたドルトムント(ドイツ)に勝ち点1差に迫られた。