本田がマンUに公開逆オファー その狙いは?

2019年09月30日 16時30分

本田圭佑

【サッカー情報局】サッカー担当記者 元日本代表MF本田圭佑(33)もかなり焦っているのでしょうか。28日に自身のツイッターでイングランド・プレミアリーグの強豪マンチェスター・ユナイテッド公式アカウント宛てに「オファーをくれ。私はお金を必要としていないが素晴らしいチーム、素晴らしい同僚とプレーする必要がある」と英語で“公開逆オファー”し、大きな話題になっています。

 デスク ツイッターを通じて選手からオファーを出すなんて聞いたことないぞ。そもそも、なぜマンUだ?

 記者 かねて本田は欧州トップリーグ入りを熱望していますが、英紙「サン」(23日付)は、開幕から攻撃陣にケガ人続出で低迷するマンUに「必要な選手」として、本田を含むフリーの5人を提言しました。同紙は「創造性がある攻撃的選手」と猛プッシュしていたので、本人もその気になったようです。

 デスク でもな、本田は欧州の舞台からは2年以上も離れているし、昨季プレーしたオーストラリア1部メルボルン・ビクトリーでもケガがあって期待ほどの活躍ができなかった。4か月以上も実戦から遠ざかっているし、マンUにすれば補強にならんぞ。

 記者 まず見向きもされないでしょうね。ただ、目標と公言する来夏の東京五輪で24歳以上のオーバーエージ(OA)枠として大逆転で代表入りするには「マンU入り」のようなインパクトのあるアピール材料が必要なことは確かです。

 デスク それにしても五輪が迫っているからといって“タダ働き”でもいいとは…。

 記者 欧州の強豪クラブが本田の獲得に動きだすことは、現状なさそうなので、かなり困っているのでしょう。前代未聞の行動が突破口になればいいですけどね。