久保建の処遇 レアルの地元でも注目

2019年08月07日 16時30分

久保(右)はどこでプレーすることになるのか(ロイター)

【サッカー情報局】サッカー担当記者 スペイン1部レアル・マドリードの日本代表MF久保建英(18)は地元でもその処遇が注目されていますね。同1部のバリャドリードにエスパニョール、マジョルカ、レバンテ、ビリャレアルがレンタルでの獲得を申し入れていますし、どこでプレーするのでしょうか。

 デスク クラブとしてはジネディーヌ・ジダン監督(47)がコメントしたように、トップで練習しながらBチームで試合をするというのが基本路線だけど、“人気銘柄”となり、方針転換する可能性もありそうだな。

 記者 まあ、クラブとしても悩みどころでしょう。Bチームは3部リーグでレベルが低く、久保の成長につながるかは不透明ですが、すぐにトップ昇格が可能。逆に成長を期待して他クラブにレンタルすると、簡単には戻せません。クラブがどう考えるかでしょうね。

 デスク そういえば新加入のFWロドリゴも久保と似たような状況にあるんだろ? それに最終的には久保かロドリゴのどちらかがトップチームに残留するって報道も出ているよな。

 記者 そうですね。ただ、実力も評価も同じであればロドリゴが圧倒的に有利ですよ。Rマドリードはロドリゴの獲得に移籍金4500万ユーロ(約53億5000万円)という大金を投資していますからね。重用するのは間違いないはずです。

 デスク うーん。確かにそんな感じはあるけどな。開幕まで2つ強化試合があるから、久保にアピールしてもらってBチームでもレンタルでもなく、トップ専念を勝ち取ってほしいな。