ボローニャ移籍のDF冨安「シントトロイデンでの日々を誇りに思ってプレーしたい」

2019年07月10日 11時30分

 ベルギー1部シントトロイデンからイタリア1部ボローニャに移籍したDF冨安健洋(20)は、シントトロイデンの公式サイトで「応援ありがとうございました。この1年半は僕にとって大きな転機になりましたし、プレーできて幸せでした」などとサポーターに向けてコメントした。

 日本人がイタリア・セリエAでプレーするのはインテルなどで活躍した日本代表DF長友佑都(32=ガラタサライ)以来。「次のチームに行ってもシントトロイデンでの日々を誇りに思ってプレーしたい」と新天地への思いをはせた。