【フランス女子W杯】ブラジル代表フォルミガ 澤さん抜き史上最多の7大会出場

2019年06月10日 11時30分

【フランス・パリ9日(日本時間10日)発】フランス女子W杯1次リーグC組のブラジルはジャマイカに3―0で勝って白星発進。MFフォルミガ(41)が女子W杯史上最多となる7大会出場を達成した。これまでは元日本代表MF澤さんと6大会で並んでいたが、この日はボランチでフル出場。さらに41歳98日での出場は、前回カナダ大会で米国代表MFランポーンが記録した40歳12日を上回り、史上最年長記録も樹立した。

 同組のオーストラリアはイタリアに1―2で敗れる波乱。日本と同組のD組イングランドはスコットランドに2―1で勝った。