【女子W杯開幕】フランス4発快勝 187センチDFルナール韓国沈めるヘッド2発

2019年06月08日 12時00分

2得点のルナールは満面の笑顔(ロイター)

【フランス・パリ7日(日本時間8日)発】サッカーの女子W杯フランス大会が開幕し、開幕戦で開催国のフランスが韓国に4―0で快勝した。世界最高峰と言われ、2012年ロンドン五輪ではなでしこジャパンとも死闘を繰り広げたDFワンディ・ルナール(28=リヨン)が驚異の2得点をマーク。悲願のW杯初制覇に向けて最高の滑り出しを見せた。

 満員のスタジアムの声援を受けて女子の「レ・ブルー」が躍動した。前半9分に右サイドを完璧に崩してFWウジェニー・ルソメル(30=リヨン)が先制ゴール。27分にもセットプレーから追加点を奪ったかに見えたが、女子W杯で初めて導入されたビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の助言でオフサイド、ノーゴールの判定で場内はざわついた。

 だが、それでも動じなかったフランスは35分、CKからルナールが187センチの長身を生かし、圧巻のヘディング弾で正真正銘の2点目。アディショナルタイムにもCKから豪快に頭で決めて3点目を奪い、前半だけでほぼ勝負を決めた。スピード、パワー、組織力すべてで圧倒された韓国も後半にMF李ビン雅(27=INAC神戸)を投入して反撃を試みたが、フランスの守備陣に歯が立たずに沈黙。ペースダウンしていたフランスは40分に主将のMFアマンディーヌ・アンリ(29=リヨン)が強烈なミドルシュートを突き刺して、韓国の息の根を止めた。