長友ガラタサライ 2年連続22度目の優勝

2019年05月20日 11時30分

長友は1歳の長男を抱いて優勝を喜んだ(ロイター)

 DF長友佑都(32)が所属するトルコ1部リーグ首位のガラタサライは19日(日本時間20日)、ホームで勝ち点で並ぶ2位のバシャクシェヒルと対戦。逆転で2―1の勝利を収め、2年連続22度目の優勝を決めた。

 前半に先制を許したガラタサライは後半2分、左サイドで長友が獲得したCKから同点に追いついた。

 その後、VARによるハンドの判定でゴールが取り消される場面もあったが、後半19分ついに逆転。終盤はフル出場の長友らDF陣が踏ん張り、直接対決を制した。

 長友は昨季途中、イタリア1部のインテルから期限付き移籍で加入。オフに完全移籍して臨んだシーズンだった。2月末の試合中に左ヒザを痛め、約2か月間欠場した時期もあったが、レギュラーとしてリーグ連覇に大きく貢献した。