伊東純也が所属するゲンクが8季ぶりに優勝

2019年05月17日 12時00分

伊東純也

【ベルギー・ブリュッセル16日(日本時間17日)発】ベルギーリーグ上位プレーオフ第9節が行われ、MF伊東純也(26)が所属する首位のゲンクは敵地でアンデルレヒトと1―1で引き分け、1試合を残して8季ぶり4回目の優勝を決めた。伊東は11試合連続先発出場で先制点の起点となる活躍を見せ、後半13分までプレーした。

 伊東は前半11分に縦パスを受けて右サイドに展開。そこからのクロスが先制点につながり、チームに勢いをもたらした。その後は相手の厳しい攻めに防戦一方となったが、失点を後半20分の1点に抑えてドロー。他会場の2位クラブ・ブリュージュが敗れたことで勝ち点差が4に広がり、最終節を待たずに歓喜の瞬間を迎えた。

 これで来季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権も獲得。今年1月に移籍加入した伊東は、いよいよ欧州カップ戦線に身を投じる。