【欧州CL準決勝】ヤング・アヤックス快進撃止まらず

2019年05月01日 11時30分

ファンデベーク(左)の渾身の一撃でアヤックスはファイナルに一歩前進(ロイター)

【英国・ロンドン30日(日本時間1日)発】サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)準決勝第1戦が行われ、アヤックス(オランダ)が敵地でトットナム(イングランド)に1―0で先勝した。第2戦は8日(同9日)にオランダ・アムステルダムで行われる。

 前半15分、相手DF陣との駆け引きを制したMFドニー・ファンデベーク(22)がMFジエシュのスルーパスに抜け出すと、GKとの1対1を冷静に右足でゴール左に流し込んで先制。この日のトットナムの先発3バックは全員アヤックス出身だったが、そのOBたちをあざ笑うかのような“一刺し”で試合を動かした。

 その後も豊富な運動量で攻め手を緩めず、後半32分にはFWネレスが右ポスト直撃の惜しいシュート。追加点こそ奪えなかったが、平均年齢24歳という若きイレブンが厳しい条件の中、相手の猛攻をしのぎ切って決勝進出に王手をかけた。

 決勝トーナメントに入ってからは1回戦で昨季王者のレアル・マドリード(スペイン)から大金星を挙げ、準々決勝ではFWクリスチアーノ・ロナウド(34)擁するユベントス(イタリア)を撃破。予選2回戦からの登場チームが4強入りしたのはCL史上初という記録もつくった。ヨハン・クライフ、マルコ・ファンバステン、フランク・ライカールトといったレジェンドを輩出した名門クラブは新たな歴史を築くことができるか。