【欧州リーグ準々決勝】長谷部4強へ背水 ベンフィカに2-4

2019年04月12日 12時00分

フル出場した長谷部(中=ロイター)

【ポルトガル・リスボン11日(日本時間12日)発】サッカーの欧州リーグ(EL)準々決勝第1戦が行われ、MF長谷部誠(35)のEフランクフルト(ドイツ)は敵地でベンフィカ(ポルトガル)に2―4で敗れた。長谷部は最終ラインのリベロでフル出場したが、ポルトガルの次世代エースの呼び声高いFWジョアン・フェリックス(19)にハットトリックを許すなど、守備が崩壊して2019年に入ってから公式戦初黒星。アウェーゴールを2点奪ったことで4強入りに望みをつないだが、厳しい状況となった。

 アーセナル(イングランド)はナポリ(イタリア)にホームで2―0、チェルシー(イングランド)はスラビア・プラハ(チェコ)に敵地で1―0でともに先勝。バレンシアはビリャレアルとのスペイン勢対決を3―1で制した。