【欧州CL準々決勝】メッシ不発も…バルサはマンUに先勝

2019年04月11日 11時30分

メッシ(右)は不発も、スアレス(左から2人目)がゴールを決めマンUに先勝したバルサ(ロイター)

【英国・マンチェスター発】サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第1戦が行われ、4季ぶりの欧州制覇を狙うバルセロナ(スペイン)は敵地でマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)に1―0で先勝した。

 前半12分、ペナルティーエリア左に抜けたFWリオネル・メッシ(31)がクロスを上げ、逆サイドのFWルイス・スアレス(32)が頭で合わせ、相手に当たってゴールネットが揺れた。副審はオフサイドの旗を上げたものの、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の判定でゴールが認められて先制に成功した。

 前日会見でマンUのスールシャール監督は「難しいとはいえ、メッシを止めるのは不可能ではない」と話していた通り、メッシは先制点のシーン以外は封じられた。だが今のバルサはそれ以外の得点パターンも豊富。不振選手が多いマンUとの差を見せつけた。

 バルサは国内リーグ優勝に王手をかけ、国王杯でも決勝に進出している。「スコア的に物足りない」とバルベルデ監督は苦笑いしたが、CL制覇での「3冠」獲得に向けて勢いづいてきた。