【リオ五輪アジア最終予選】決勝は日韓戦 開催国カタールは3位決定戦へ

2016年01月27日 11時00分

【カタール・ドーハ26日(日本時間27日)発】リオデジャネイロ五輪アジア最終予選兼U―23アジア選手権準決勝のもう1試合は韓国が開催国のカタールに3―1で勝ち、1988年ソウル大会から8大会連続の五輪出場を決めた。

 地元の大声援を受けるカタールに対し、リスクを冒さない展開で前半はスコアレス。だが後半3分、自陣からのロングボールにFWリュ・スンウが抜け出して先制ゴールを奪った。同34分に追いつかれたが、同44分にMFクォン・チャンフンが劇的な勝ち越し弾。アディショナルタイムにも加点し、日本との決勝戦(30日)に駒を進めた。

 29日の3位決定戦でカタールとイラクが最後の五輪出場権を争うことになった。