森保監督 MF藤田譲瑠チマの大抜擢の可能性示唆「チームの中で起爆剤になるかも」

2022年07月28日 13時40分

藤田譲瑠チマ(東スポWeb)
藤田譲瑠チマ(東スポWeb)

 日本代表の森保一監督(53)が、東アジアE―1選手権で活躍したMF藤田譲瑠チマ(20=横浜M)の大抜擢の可能性を示唆した。

 藤田は27日の韓国戦でスタメン出場し、後半4分に絶妙なクロスを上げてMF相馬勇紀(25=名古屋)の先制ヘッドをアシスト。その後も積極的にミドルシュートを放ったり、守備でも強度の高さを披露した。

 韓国戦から一夜明けた28日に豊田市内で取材に応じた森保監督は藤田の活躍ぶりについて「譲瑠はこんなにできるんだと。どの局面でも関わっていくし、果敢にボールにチャレンジしていくところを見せてくれた」と絶賛。持ち前のキャラクターも評価し「チームを明るくするし、向上心も野心も持っている」とその〝才能〟にぞっこんだ。

 その上で「チームの中で起爆剤になるかもしれない。選考の中では考えていきたい。テーブルには上がってくる選手だと思う」と言及。カタールW杯メンバー発表前最後の実戦となる9月の欧州遠征で大抜擢する可能性が出てきた。

 パリ五輪世代の出世頭が、W杯に臨む森保ジャパンでサプライズ選出の筆頭候補に躍り出た。

関連タグ: