DAZN 森保ジャパンのオーストラリア戦無料配信交渉でJFAに猛反論「交渉はすでに終了」

2022年02月28日 21時35分

JFA・田嶋会長(東スポWeb)
JFA・田嶋会長(東スポWeb)

 スポーツ動画配信サービス「DAZN」が28日、日本サッカー協会の田嶋幸三会長が森保ジャパンのカタールW杯アジア最終予選オーストラリア戦(3月24日)の無料配信交渉を行っていると語ったことに対して「交渉はすでに終了」と真っ向から反論。予定通り独占配信になると強調した。

 田嶋会長は28日に取材に応じた際に、DAZN側に協会が費用を負担した上で無料配信を持ちかけ「今トライしてやっているのは事実」と交渉を行っている最中と明かした。

 これを受けてDAZNは「オーストラリア戦の無料放送に関する弊社DAZNとの交渉についてお知らせいたします。日本サッカー協会様からは一度条件のご提案をいただいた事実はございますが、ご提案内容がすでにDAZNにご加入いただいているお客様やファンの皆様にとってフェアなものではなく、両者の共通認識として交渉はすでに終了していると捉えております」と田嶋会長の主張を否定。

 交渉はすでに終わっており「ファンの皆様にこれ以上の混乱をきたしたくないという想いから、本日時点でこの事実を発表させていただき、オーストラリアvs日本をDAZNにて独占配信することをあらためてお知らせいたします」と、不快感を露わにしながら独占配信に変更はないことを強く念押しした。

 森保ジャパンの大一番を巡って、協会とDAZNとの間でぼっ発したバトルは波紋を呼びそうだ。

関連タグ: