なでしこDF熊谷紗希がボランチ転向を直訴へ「私のポジティブなオプション」

2021年11月24日 22時27分

オンラインで取材に応じた熊谷紗希(東スポWeb)
オンラインで取材に応じた熊谷紗希(東スポWeb)

 なでしこジャパンのDF熊谷紗希(バイエルン・ミュンヘン)が、守備的MFへの転向を〝直訴〟する意向を示した。

 代表で長年不動のセンターバックとして守備を支えてきた熊谷だが、最近は所属クラブで守備的MF(ボランチ)に挑戦して多才ぶりを発揮している。

 24日にオンラインで取材に応じた熊谷は池田監督に対して「そういうことを話す時間はまだ取れていない」としたうえで「私としてはけっこういろいろなところで『チャンスがあれば代表でもやりたい』と言ってきているが、機会があれば本人に直接言うこともできる」と今後タイミングを見て、代表でも守備的MFへのコンバートを直訴する考えを示した。

 もちろんセンターバックのポジションを捨てるわけではなく「あとは監督が決めた場所でやれる準備はできている。今は本当にどちらもできるという意味では、私のポジティブなオプションなのかなと。なるようになるかな」と両ポジションを並行してこなしながら、チームや個人で最もフィットする形を模索していくつもりだ。

 東京五輪で主将を務めるなど、なでしこジャパンの顔として活躍してきた熊谷の今後に注目が集まる。

関連タグ:

ピックアップ