吉田麻也がセンターバックのレジェンド超えへ意欲 中沢佑二氏のゴール数を目標に

2021年11月14日 17時16分

主将として日本代表を引っ張る吉田(東スポWeb)
主将として日本代表を引っ張る吉田(東スポWeb)

 日本代表の主将と務めるDF吉田麻也(33=サンプドリア)が、センターバックのレジェンド超えへ意欲をみなぎらせた。

 吉田は日本代表として通算112試合に出場。センターバックとしては中沢佑二氏の110試合を上回り、井原正巳氏の122試合も視野に入ってきた。

 14日にオンラインで取材に応じた吉田は「ちょうどキャップ数(試合数)の話を選手間でしていて、中澤さんを超えたと昨日知った。100試合を超えたときに次は中沢さん、その次に井原さんを超えたいと思っていた」と選手間でも話題になっている様子。

「中沢さんは16得点取っている。僕は11点。この得点追いつけるかなと思っていたけどなかなか追いつけない。中沢さんとお話しさせていただく機会があって、今でも見えない影を追っていますと話した」と現在は中沢氏のゴール数を目標にしていることを明かした。

 また「年も年だし、どうしても1試合悪いと年齢のせいにされる。最近のメディアを見ても、DF長友選手、FW大迫選手も同じ気持ちだなと思うけど、僕らはやっぱりそれに対して見返してやりたという気持ちが強い。次もそういう気持ちで挑みたい」とベテラン勢への批判を受け止めたうえで、反骨精神で活躍を誓った。

 円熟味を増している吉田がカタールW杯アジア最終予選の大一番となる16日のオマーン戦で真価を発揮する。

関連タグ:

ピックアップ