【W杯アジア最終予選】日本はベトナムに1―0で勝利 吉田麻也主将が次のオマーン戦へ「ブラジルと戦うつもりで」

2021年11月12日 00時06分

ゴールを決めた伊東を祝福するイレブン(ロイター)
ゴールを決めた伊東を祝福するイレブン(ロイター)

 日本代表は11日、カタールW杯アジア最終予選ベトナム戦(ハノイ)でMF伊東純也(28=ゲンク)のゴールで1―0で勝利した。伊東は前半17分、左サイドを抜け出したMF南野拓実(リバプール)のクロスに驚異的なスピードで駆け上がって左足で合わせた。

 絶対に負けられない試合を制したDF吉田麻也主将(サンプドリア)は「まずは確実に勝ち点3を取れたことはよかった。コンディションや移動が大変な中で精一杯、力を出し切った。追加点を取れたり、セットプレーで点を取れたらよかった。ベトナムも悪いチームではなくコンディションも僕らよりよかったが、その中でもベトナムを叩けてよかった」とコメントした。

 次はオマーン戦(16日=日本時間17日、マスカット)。9月の最終予選初戦はホームで敗れているだけに「次も確実に勝ち点3を取らないといけない。ブラジルと戦うつもりでやりたい」と力を込めた。

関連タグ:

ピックアップ