【W杯アジア最終予選】岡田武史氏 1ー0リードにも「このまま終わるとは思えない」「もう1点ほしかった」

2021年10月12日 20時25分

岡田武史氏
岡田武史氏

 カタールW杯アジア最終予選(12日、埼玉)日本―オーストラリア戦を中継したスポーツ動画配信大手「DAZN」でゲスト解説を務めた元日本代表監督の岡田武史氏(65)は1―0としたハーフタイムを時点で「もう1点ほしかった」と強調した。

「このまま終わるとは思えない。まだ安心できるゲームじゃない。(リードしてから)セーフティーなボールの受け方をし出した。もう1点取れていれば、ここ(解説席)でハハーンと笑っていられたのに…。彼らもこのままじゃダメだとわかっている」と振り返った。

 さらに「中盤の3人が特長の良いところを出せている」とし、田中の得点シーンについて「(ラストパスを出した)南野が勝負のパスしたら、こういうことが起きるんだな。パーフェクトに近い得点だった」「やっぱり、ここに立っている奴らは経験を積んできている」とコメントしていた。

関連タグ:

ピックアップ