【W杯アジア最終予選】崖っぷち森保監督が結束強調「結果出なければ疑念出るかもしれないが…」

2021年10月11日 19時15分

前日練習を見守った森保監督(東スポWeb)
前日練習を見守った森保監督(東スポWeb)

 崖っぷちに立たされている日本代表の森保一監督(53)が、大一番となるカタールW杯アジア最終予選オーストラリア戦(12日、埼玉)を前にチームの結束を強調した。

 7大会連続のW杯出場は風前の灯火となりつつある日本代表。自身への批判も日に日に高まる中、11日にオンラインでの公式会見に臨んだ森保監督は「選手たちには『結果は出せなかったところもあるが、みんなには力はある』と。私自身はまったく変わりないし、選手たちへの信頼も変わっていない。選手たちには常に、自信を持ちながら戦っていける、勝利をつかみ取れると話している」と選手を鼓舞し、窮地でもイレブンとの結束が高まっていると説明した。

「ただ、気持ちや言葉だけで伝えても過去の結果をもって、結果が出なければ疑念が出るところはあるかもしれないが、毎回試合の振り返りはやっている。自分たちが勝っても負けても、できたことやできなかったこと、、改善しなければいけないこと、できたことはチャレンジしていくことを選手に伝えている」と選手たちと丁寧にコミュニケーションを取っている様子を明かした。

 しかし、オーストラリア戦で結果が出なければ、指揮官への疑念は一気に爆発しそうだ。

関連タグ:
 

ピックアップ