7大会連続出場は黄信号も…森保監督は強気「必ずW杯に行ける」

2021年10月08日 04時57分

痛恨黒星も森保監督は強気(ロイター)
痛恨黒星も森保監督は強気(ロイター)

 森保ジャパンが7日(日本時間8日)に行われたカタールW杯アジア最終予選のサウジアラビア戦(ジッダ)で0―1と敗れ、7大会連続のW杯出場が崖っぷちに追い込まれた。

 試合後、森保一監督(53)は「選手たちは完全アウェーの中でもすばらしいプレーをしてくれた。しかし結果は厳しい結果になったのが残念だ。後半少し疲労が見えてきて(連係が)合わなかったところが失点となってしまった」と振り返った。

 日本は今回の最終予選で3試合で早くも2敗目。いよいよ後がなくなったが「結果は厳しいものになっているが、W杯出場に向けてまだまだ諦めなければ必ずW杯に行ける、切符をつかみ取れると思っている」と主張。次戦のオーストラリア戦(12日、埼玉)へ向けて切り替えを強調した。

 どこまでも強気の指揮官。このままでは日本のW杯出場が途絶えそうだが…。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ