森保ジャパンが大ピンチ ケガで離脱の堂安律「みんなが勝利を勝ち取ってくれると信じてます」

2021年10月07日 10時09分

堂安律
堂安律

 森保ジャパンが大ピンチだ。日本サッカー協会は7日、カタールW杯アジア最終予選サウジアラビア戦(7日=日本時間8日)に臨む日本代表のMF堂安律(23=PSVアイントホーフェン)がケガのため、チームを離脱したと発表した。追加招集はしない。

 堂安は協会を通じ「このタイミングでの離脱はすごく残念に思います。まずは治療に努めて一日でも早く復帰できるようにします。サウジアラビア戦、オーストラリア戦はみんなが一丸となって勝利を勝ち取ってくれると信じています。その後さらに続く最終予選で今度は自分が勝利に導くプレーができるようしっかり準備していきたいと思います」とコメントした。

 堂安は森保ジャパンで主に右MFを務めているが、同じポジションのMF久保建英(マジョルカ)が右ヒザの負傷で招集できず、MF伊東純也(ゲンク)は出場停止と厳しい状況の中、さらなる主力の離脱はチームにとって大きな痛手といえる。正念場となるサウジアラビア戦、オーストラリア戦(12日、埼玉)に向け、この危機を乗り越えられるか。

関連タグ:

ピックアップ