【森保ジャパン】セルティック・FW古橋亨梧を追加招集 救世主の期待高まる

2021年10月01日 21時36分

戦う準備はできている
戦う準備はできている

 日本サッカー協会は1日、10月に行われるカタールW杯アジア最終予選の日本代表メンバーにスコットランド1部セルティックのFW古橋亨梧(26)を追加招集したと発表した。

 古橋は9月7日の中国戦で右ひざを負傷。その後はリハビリに努め、同30日に欧州リーグ(EL)1次リーグのレバークーゼン(ドイツ)戦で先発出場して復帰。得点こそ奪えなかったが、キレのある動きを披露していた。

 日本代表は7日にサウジアラビア戦(ジッダ)、12日にオーストラリア戦(埼玉)と強豪との2連戦を迎えるが、貴重な得点源となる古橋はまさに救世主となりそうだ。

関連タグ:

ピックアップ