森保監督試練の10月最終予選のノルマは〝勝ち点4〟

2021年09月28日 19時56分

結果次第では進退が問われる森保監督
結果次第では進退が問われる森保監督

 日本サッカー協会は28日、10月に行われるカタールW杯アジア最終予選の第3戦サウジアラビア戦(7日、ジッダ)と第4戦オーストラリア戦(12日、埼玉)に臨む森保ジャパンのメンバー25人を発表した。

 9月の2連戦で格下のオマーンにホームで黒星という失態を喫し、中国戦でも低調な内容で辛勝だった日本代表。森保一監督に対する批判の声も高まる中、指揮官は強豪との2連戦で〝ノルマ〟を設定した。

「サウジ戦はアウェーで厳しい、難しい試合になることは覚悟して準備して戦わなければいけない。その中でも勝ち点3を目指して戦う」としたうえで「結果はどうなるか分からないので、勝ち点1を拾ったりそういう結果になりえるということはありえるかなと思う」とサウジアラビア戦は苦手の中東アウェーということもあり、引き分けでの勝ち点1でよしとする方針。ホームのオーストラリア戦は当然必勝を期すため、2試合で勝ち点4がノルマとなりそうだ。

 それを実現するために、9月の2連戦からの改善点をこう力説した。

「9月の経験も踏まえて準備の質を上げないと。なかでも一つ大切なことは、選手がそれぞれのクラブで果たす役割を求められて代表とは違うギャップがあるので、限られた時間の中で代表としての戦うコンセプト、個々の役割をクラブから代表チームに切り替えてもらう。9月の反省は、クラブと代表の戦い方のギャップがしっかり埋められなかった。今回は少しでもクリアになってもらうように働きかけたい」。選手が戦術を代表仕様に切り替えられなかった点を強調し、その改善に努めるつもりだ。

 10月の結果次第では再び尻に火が付くことは必至だけに、森保監督は全力で勝ち点をつかみにいく覚悟だ。

関連タグ:

ピックアップ