【W杯アジア最終予選】崖っ縁で勝利の森保監督を田嶋会長が絶賛

2021年09月08日 11時55分

日本サッカー協会の田嶋幸三会長(東スポWeb)

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長が、カタールW杯アジア最終予選の中国戦で勝利した森保一監督を絶賛した。

 最終予選初戦となったオマーン戦では格下相手にホームでまさかの敗戦を喫して窮地に追い込まれた日本だが、第2戦の中国戦を1―0で勝利を収めてなんとか同予選初白星を手にした。

 試合後に田嶋会長は「今日の勝利は予選の中で非常に大きな勝ち点3となる。森保監督や選手たちはオマーン戦の敗戦を無駄にせず、想像を絶するプレッシャーがある中で、しっかりと切り替えてこの試合に臨んでくれた」と指揮官の手腕、そしてイレブンの働きを激賞した。

 そして今後に向けて「W杯予選では勝ち点を積み重ねていくことが大事であり、10月の2試合やその先につながっていく勝利だと思う。この試合が持っていた意味を全員が理解し、試合にかける思いを前面に出しながら、チーム全員でカバーして戦った選手たちを誇りに思う」と森保ジャパンの結束力を高く評価した。

関連タグ: