中国代表 W杯予選「森保ジャパン狩り」へ怪物ストライカー投入も

2021年09月06日 22時11分

「秘密兵器」としてFWアランの投入はあるか(ロイター)

 カタールW杯アジア最終予選で日本と7日に激突する中国で〝決戦ムード〟が高まっている。

 両国ともに初戦を落としており、今回の一戦は生き残りをかけて絶対に負けられない戦いとなる。そうした中、中国メディア「バルセロナラインニュース」は「李鉄が日本戦でラインナップを入れ替える」と予想したうえで、決戦ムードを煽った。

「サッカー代表チームは、古くからのライバルである日本と対戦する」と同国内でも大きな注目が集まっており、李監督が日本撃破のためにスタメンの変更に打って出ると予想。「カタールW杯に出場するために、FWアラン、FWエウケソンなどの選手を起用することを決意している」と指摘。エースのエウケソンに加え、前戦のオーストラリア戦で起用されなかった帰化選手のアランを投入する構えだ。

 アランはオーストリア1部ザルツブルクなどで活躍した強力ストライカーで、2014―15シーズンには欧州リーグ(EL)で得点王も獲得したことがあるなど抜群の決定力を誇る。

 これまでは連係面などの不安から李監督は起用に慎重だったが、宿敵日本を相手に満を持して投入する方針だ。怪物ストライカーを止められるかが日中決戦の勝敗を左右しそうだ。

関連タグ: