【W杯アジア最終予選】南野拓実が途中離脱 左太もも裏負傷の影響か

2021年09月04日 15時27分

南野拓実

 日本サッカー協会は4日、カタールW杯アジア最終予選中国戦(7日=日本時間8日、カタール)に臨む日本代表の活動に参加していたMF南野拓実(26=リバプール)が途中離脱すると発表した。

 左太もも裏を痛めていた南野は、0―1で敗れた2日の最終予選オマーン戦(吹田)でベンチ入りしたものの、出番はなかった。その後はチームとともにカタール入りしていたが、最終予選突破に向けても絶対に負けられない中国戦は10番抜きで戦うことを強いられた。

 オマーン戦後にはDF酒井宏樹(浦和)が疲労から途中離脱するなど、日本代表の厳しい状況は続く。代わりの選手の奮起で中国戦を勝って乗り切りたいところだ。

関連タグ: