【東京パラリンピック】5人制サッカーが5位入賞の快挙 世界ランク3位のスペイン撃破

2021年09月02日 18時20分

5人制サッカーで快挙

 東京パラリンピックで5人制サッカー(ブラインドサッカー)の日本代表が2日に行われた5位決定戦(青海)で強豪スペインを1―0で破り、5位入賞の快挙を果たした。

 日本はGK神山昌士、DF田中章仁、MF佐々木ロベルト泉、MF川村怜、FW黒田智成が先発。序盤こそスペインの猛攻を受けて守勢にまわる時間帯もあったが、徐々にリズムをつかむと前半終了間際に歓喜の瞬間が訪れる。

 右CKから佐々木が川村へとパス。川村が浮き球のパスを出すと、黒田が絶妙のタイミングでボールの軌道に入り、ダイレクトで右足を振り抜く。ボールは見事にゴールネットに突き刺さり、日本に待望の先制点をもたらした。

 前半をリードして折り返した日本はGK佐藤大介を投入。佐藤は好セーブを連発して懸命の守備を見せる。その後もスペインの猛攻を抑え込んだ日本は、世界ランキング3位の相手から大金星。地元開催の大舞台で、劇勝で5位入賞の成績を収めた。

関連タグ: