【森保ジャパン】久保建英 2戦連発生んだ堂安との“阿吽の呼吸”「落ち着いて決めるだけだった」

2021年07月25日 22時50分

久保(左から2人目)と堂安(同3人目)がチームをけん引している(ロイター)
久保(左から2人目)と堂安(同3人目)がチームをけん引している(ロイター)

 東京五輪1次リーグで2連勝を飾った森保ジャパンのMF久保建英(20=レアル・マドリード)が、MF堂安律(23=PSVアイントホーフェン)との〝阿吽の呼吸〟を語った。

 25日に行われたメキシコ戦(埼玉)で日本は2―1と快勝したが、先制ゴールを生み出したのが久保と堂安の黄金コンビだ。前半6分、堂安が右サイドの突破から中央へクロスを上げると、絶妙なタイミングで走り込んだ久保が左足でゴールに突き刺した。

 久保は試合後に先制点の場面について「最初の立ち上がりのところで相手を研究しているときに、相手のつなぎのところで奪って自分たちが攻めればという話をしていた。狙い通りの形で、堂安選手が左手で相手を抑えたときに、もう自分の所にボールを出してくれると思ったので、走り込んであとは落ち着いて決めるだけだった」と抜群の意思疎通で生まれたゴールだったことを明かした。

 久保自身はエースとして開幕から2試合連続決勝ゴールの大活躍。「次の試合もしっかり勝って、3戦全勝で1次リーグを突破したいと思う」と28日のフランス戦(横浜)に向けて力強く必勝宣言。頼もしいエースが日本を力強くけん引する。

関連タグ:

ピックアップ