【森保ジャパン】DF冨安健洋が南ア戦欠場 森保監督は詳細説明避ける

2021年07月23日 00時03分

試合を見つめる冨安

 東京五輪サッカー男子日本代表のDF冨安健洋(22=ボローニャ)が22日の1次リーグA組初戦・南アフリカ戦(味スタ)を欠場した。

 試合後、森保一監督(52)は「昨日(21日)の練習で左足首を痛めて出場を見送った」と説明。「これから経過観察をして次の試合に出られるか、見極めていきたい。いつまでに戻るとかは今はお話しできる状態になく、次の試合も(出場は)可能かもしれない」と明言を避けた。

 患部の状態次第では、この日の南アフリカより格上となる1次リーグ第2戦・メキシコ戦(25日、埼スタ)も出場できない可能性もある。A代表でもスタメンセンターバックを務める冨安が不在となれば、より厳しい戦いを強いられそうだ。

関連タグ: