【U―24】MF三好康児 真夏の過密日程対策に余念なし「ゲームコンロトロールでリスク管理」

2021年07月12日 23時52分

五輪では過密日程をこなすことになる
五輪では過密日程をこなすことになる

 東京五輪に臨むサッカー男子のU―24日本代表は12日、国際親善試合U―24ホンジュラス代表に3―1で快勝した。左サイドでスタメン出場したMF三好康児(24=アントワープ)は本大会に向けて「後半は全体として体力が落ちてくるので、ゲームコントロールが課題になる」と指摘した。

 真夏の大会ながら中3日という過密日程を戦うため、普段以上に体力の消耗は避けられない。三好は「100%でやり続けるのは難しい部分も出てくる」とし「その時間帯に、時間をうまく使いながら、どこでチャンスを生かすか。ゲームコントロールしながらリスク管理し、チームとして統一していかないといけない」と語った。

 イレブンが疲弊しきっている状態でムリに攻め込んでも、3、4人の選手がボールに絡んでいく連動性は期待できず、攻撃は単調なものになってしまう。そこでボールを保持しながらビルドアップする回数を増やすなど、効率のいい攻め方が必要というわけだ。

 三好は「ペースダウンする中、もっと突き詰めていかないと…」と、1次リーグ初戦南アフリカ戦(22日、東京)に向け、チームメートともに万全の準備を進めていくという。

【関連記事】

関連タグ:
 

ピックアップ