【森保ジャパン】強豪セルビアに1―0快勝! MF伊東純也が千金弾 オナイウ阿道は幻ゴール

2021年06月11日 21時30分

後半早々、先制ゴールを決めたMF伊東純也(14)

 日本代表は11日に行われた国際親善試合セルビア戦(ノエスタ)で1―0と勝利し、欧州の強豪を撃破した。

 FW大迫勇也(31=ブレーメン)がけがのため離脱した日本は、1トップの位置にMF古橋亨梧(26=神戸)が入り、MF南野拓実(26=サウサンプトン)やMF鎌田大地(24=Eフランクフルト)など主力が先発した。

 前半は押され気味だった日本だが、しのいで0―0で折り返すと、後半に入ってセットプレーでチャンスをつかむ。

 後半3分、右CKを鎌田が中央へ入れると、DF谷口彰悟(29=川崎)がヘッドで左サイドへ流す。するとそこへ絶妙のタイミングで駆け込んだMF伊東純也(28=ゲンク)が右足で合わせて先制に成功した。

 さらに19分にはカウンターから右サイドで伊東が抜け出し、左サイドでフリーになったFWオナイウ阿道(25=横浜M)がネットを揺らすがオフサイドでA代表デビュー弾は幻となった。

 その後はセルビアの反撃にあうも、守備陣が粘って完封。セルビアは主力を欠いていたとはいえ、欧州の強豪から白星をつかみ取った。

 今秋から始まる予定のカタールW杯アジア最終予選へ向けて、森保ジャパンに大きな弾みがつきそうだ。

関連タグ: