【U―24】追加招集・瀬古歩夢はジャマイカ戦で一発逆転の結果を残せるか

2021年06月11日 17時09分

瀬古歩夢

 【U―24】追加招集・瀬古歩夢はジャマイカ戦で一発逆転の結果を残せるか(21=C大阪)が東京五輪メンバー入りへ〝ワンチャン〟にかけようとしている。

 DF冨安健洋(22=ボローニャ)の負傷離脱を受けて追加招集となり、10日のトレーニングから合流したばかり。東京五輪メンバー発表前最後の実戦となる国際親善試合ジャマイカ戦(11日、豊田)だけが残されたアピールの場だ。それだけに11日のオンライン取材に「シンプルにうれしかった。アピールのチャンスをもらえたのでしっかりやらなあかんという気持ちになった」と語った。

 今回の活動で当初招集外となったときには「正直、もう可能性はないと思っていた」と振り返るが、可能性が復活したことでもう一度トライする覚悟だ。「前回(3月のU―24代表の活動)も悪くないと思っていたので悔しかったが、それが自分の実力だと再認識した。もう一度自分の実力をアピールしないといけない。もう一度割って入るプレーをしないといけない」。一度はあきらめた東京五輪への出場。ジャマイカ戦で一発逆転の結果を残せるか。

関連タグ: