【W杯2次予選】南野拓実 本田圭佑に並ぶ予選7試合連続ゴール!タジキスタンに4―1で勝利

2021年06月07日 21時25分

W杯予選7試合連続ゴールを決めた南野

 森保ジャパンが7日に行われたカタールW杯アジア2次予選タジキスタン戦(パナスタ)に4―1と快勝し、エースのMF南野拓実(26=サウサンプトン)が決勝ゴールを奪いW杯予選7試合連続得点を記録した。

 1―1で迎えた前半40分、右サイドからMF古橋亨梧(26=神戸)が中央へ折り返すと、走り込んだ南野が左足で合わせて勝ち越しゴール。興国高の同級生によるホットラインが初めて完成した。

 試合を決める一発で南野は自らの記録を更新するW杯予選開幕から7試合連続ゴール。さらにW杯予選での7試合連続得点で、MF本田圭佑(34)が2016年につくった歴代最長記録に並んだ。

 その後、日本は後半6分にMF橋本拳人(27=ロストフ)、26分にMF川辺駿(25=広島)がそれぞれA代表初ゴールを決めて追加点。日本は今回のW杯予選初失点を喫したものの危なげなく勝ち切り、今週から開始予定の最終予選へ向けて弾みをつけた。

 レギュラー組と新戦力が見事な融合を見せ、森保ジャパンが着実に地力を上げている。

【関連記事】

関連タグ: