【Uー24】久保建英20歳の誓い 5日ガーナ戦へ向け「本番を想定して戦えれば」

2021年06月04日 18時36分

リモート会見に応じた久保建英

 スペイン1部ヘタフェのU―24日本代表MF久保建英(20)がスターの自覚をにじませた。

 0―3で敗れたA代表との〝兄弟マッチ〟から一夜明けた4日、オンラインで取材に対応。この日は20歳の誕生日でもあることから「まだあまり実感はないけど、明日の試合(U―24ガーナ戦)から20歳なのでひと段階ギアを上げてというというか、19歳ではないので、しっかり大人の自分を見せていけたら」と誓った。

 10代のころから〝日本の至宝〟として注目を浴び、さらなる成長を期待される今後は、それ以上になるだろうが、すでに宿命として受け入れている。

「日本に行ったときの試合で騒がれてしまうのは割り切っている。自分がサッカーに貢献できるなら騒がれてもなんとも思っていない。これからも自分が試合に来ることでよりたくさんのお客さんが来てくれたり、普段サッカーを見ない人が見てくれたら自分も代表チームもハッピーだと思う。そういったところは知名度を上げつつ、実力があるんだぞというところをサッカーを知らない人にもわかるように見せていければ」

 まずは20歳の初戦となるU―24ガーナ代表戦(5日、福岡)で結果を残す。「(東京五輪1次リーグ)初戦の南アフリカの仮想で組んでもらっているので、アフリカ勢にどういった戦いをするのかを含めて本番が近くなっているのでそれを想定して戦えればいいと思う」と力を込めた。

関連タグ: