アギーレジャパン ブラジルに完敗 ネイマール怒とうの4得点

2014年10月14日 21時42分

 サッカー日本代表は14日、国際親善試合のブラジル戦(シンガポール・ナショナルスタジアム)に臨んだが、FWネイマール(22=バルセロナ)に怒とうの4得点のハットトリックを許し0―4と惨敗した。

 日本は10日のジャマイカ戦からスタメンを6人入れ替えてGK川島永嗣(31=スタンダール)や追加招集のMF田口泰士(23=名古屋)らを起用。FW本田圭佑(28=ACミラン)はベンチスタートとなった。

 序盤から防戦一方の日本は、前半18分にネイマールに豪快に右足で決められて先制を許す。さらに後半3分、32分、36分と王国のエース一人にサンドバッグ状態で屈辱の4失点。後半に入って本田やFW武藤嘉紀(22=FC東京)らを投入するも流れは変えられず、世界の強豪との差をまざまざと見せつけられた。