アギーレ監督 八百長疑惑を否定「私自身も記事で知った」

2014年10月01日 15時37分

八百長疑惑を否定したアギーレ監督

 日本代表のハビエル・アギーレ監督(55)は1日、都内のJFAハウスでメンバー発表会見に臨み、スペイン紙などで報じられた「八百長疑惑」について「私自身も記事で知った。スペインで400試合以上をしていますが、このことに関してはまったく心配していません。穏やかな気持ちで仕事をしていく」と否定した。

 疑惑はスペインのサラゴサを率いていた2011年5月、2部降格の危機にあったリーグ最終節のレバンテ戦(2—1で勝利)に八百長の疑いがあったというもの。スペインの検察当局が9月25日に調査を開始すると発表した。地元メディアは、アギーレ監督をはじめ、両チームの選手やクラブ幹部ら20人以上に出頭を命じた、と報じていた。