【森保ジャパン】浅野拓磨が〝キラーぶり〟見せつける「あの時の韓国も良いチームだったけど…」

2021年03月23日 13時59分

オンライン取材に応じる浅野

 サッカー日韓戦(25日、日産ス)へ向けて〝韓国キラー〟のFW浅野拓磨(26=パルチザン)が宿敵打倒に燃えている。

 今季の浅野はセルビアで16得点とゴールを量産しており絶好調。「パフォーマンスやコンディションは徐々に上がってきて、試合にフィットしてきた感じがする。結果に表れているのは大きい」と自信を深めている。

 そうした中で迎える日韓戦。浅野は2016年のU―23アジア選手権決勝で韓国と激突した際に、0―2の劣勢から投入されて決勝弾を含む2ゴールで日本を劇的な逆転優勝へと導いた。対韓国では現メンバーで最も実績を残しており、今回も大きな期待がかかる。

「周りから(ライバル対決と)見られるし、感じるものもあると思う。あの時の試合も韓国は良いチームだったけど、2点取られても諦めずに戦えたことで逆転できた。みんなが一つのチームになることを意識してやれば勝利をつかむ力がある」と最後まで強い覚悟で戦い抜く覚悟だ。

 そのうえで「久しぶりの日本での試合だし特別。韓国戦はお客さんも入ると聞いているし、サポーターのみなさんと一緒に戦える。僕たちにとって大きな力になるので、すごく楽しみ」とホームの日韓戦で必勝を誓った。

 韓国キラーの活躍に注目が集まる。

関連タグ: