【なでしこジャパン】DF宝田沙織が大先輩の背中を追う「見習っていきたい」

2020年11月25日 14時15分

宝田沙織

 なでしこジャパンのDF宝田沙織(20=C大阪)が大先輩を参考にさらなるレベルアップを目指している。

 23日から福島・Jヴィレッジで行われている強化合宿には、主将のDF熊谷紗希(30=リヨン)も参加。25日のオンライン取材では「昨日の練習から少しセンターバック(CB)で組ませてもらっていて、攻撃しているときのリスク管理だったり、自分の立ち位置とかもすごく細かく教えてくれるので、勉強になる」と目を細めた。

 ともにプレーをする中で、刺激も受けているといい「1対1の強さだったり、常にFWと駆け引きしている部分がすごいなと思う。やっぱり(熊谷)紗希さんが隣でずっとFWからサイドハーフ、全体に声をかけていて、やっぱりそういうところは見習っていきたい」と力を込める。

 今後に向けては「CBからだいたい攻撃が決まってくるので、パススピードだったり、足元につけるのか、スペースに流すのかってところを常に考えて、あとは選択肢をたくさん持つことを心掛けている」と闘志を燃やす。

 来夏の東京五輪まで残り8か月。メンバー入りへ、盗めるものは盗むつもりだ。